( ・×・)あの噂のブランド鰻「坂東太郎」を食べに行ってきました「うなぎ 魚政」四つ木



この間、お仕事仲間と暑気払いに鰻屋さんへ。

なんとこの日は社長からご馳走してもらえるということで、仕事仲間もウキウキです。

場所は四つ木駅からすぐにある「うなぎ 魚政」です。

四つ木駅は初でした。

なんとここの鰻屋さんは予約しないとなかなか食べられないとの噂。

先輩が予めしっかり調べていて、バッチリ予約してくれていたので安心です。

夕方5時にはこの表示がでていました。

店内は意外に広いです。
ゆったり座れます。

とりあえずビールで乾杯。

既に鰻は予約してあるので、調理を始めてくれています。

私が食べる予定の鰻の骨とわたがつきだしででてきました。

鰻まるごと1匹がしたぷらのお腹の中へ入っていくのね。

骨せんべいはカリカリで食べやすいです。
わたはわさび醤油でいただきます。

日替わりおつまみ 1080円

この日はしらやきと山椒煮でした。
ビールにぴったりです。

更に志ら焼をみんなでシェアしていただきます。

鰻がふっくらフワフワ。
したぷら初めて食べました。

志ら焼には冷酒が合います。

わさびを乗せていただきます。
コレは予定してまでやってきて良かった〜
鰻ってこんなにふっくらしているんですね。

いよいよ鰻の登場です。
なんと超レアなブランド鰻「坂東太郎」です。

じゃーーん!!
「坂東太郎」おーーーっ

いつも食べている鰻と見た目から全然違います。

坂東太郎は天然うなきではないのですが、天然の味を求めて特別に養殖されたブランド鰻です。

ココ「うなぎ 魚政」でも電話で予約する時に、坂東太郎は日によって入るときにと入らない時があると聞いていたので、実際に食べる事ができて感激です。

坂東太郎は厚みもあり、ふんわりしています。
口の中で美味しさが広がります。

焼き加減がちょうどよく表面に紀州備長炭で焦げ目がついてカリカリなので香ばしいです。タレも甘すぎず、多くかかっていなく程よいです。

あー究極のぜいたくです。
社長ありがとう!!ごちそうさまです。

山椒は米と鰻の間にかけると山椒のピリッとした感じと香りがダイレクトに感じられるのでオススメです。是非試してみてね。

もちろん肝吸いもめちゃくちゃ美味しいです。

お値段はかなりしますが、本物の極上うなぎここまでくる価値ありますよ。

東京で噂のうなぎ屋、天然鰻やブランドウナギの坂東太郎はうなぎ魚政(東京葛飾区四ツ木)

Posted from するぷろ for iOS.