浅草にある発酵レストランでちょっと贅沢ランチしてきました「Haccos’s Table(ハッコーズテーブル)」



下町のおしゃれな発酵レストラン

浅草駅から北方向に7分程歩いたところにある
「Haccos’s Table(ハッコーズテーブル)」にランチしてきました。

お店はガラス張りで中が見えて、入りやすい雰囲気。

ランチタイムは11時から15時までです。

ランチコースもありました。

店内はカジュアルなカフェ風の雰囲気ですが、浅草らしく、三社祭に向けてのお祭っぽい飾り付けもされています。

この日は店員さんや調理をしている人含め全員が、ワイルドな神輿を担ぎそうな男性でした。

後できいたら女性店員さんもいるそうです。

店名の「Haccos’s Table(ハッコーズテーブル)」というとうり、ココは発酵がテーマの和食のお店です。

店内で販売されている商品も発酵食品がほとんどです。

写真はお客さんがいませんが、したぷらが入店した13時は座席が満席で、予約者しか入れない程でした。

したぷらは連れが予約していたので、なんとかギリギリ入店できました。

人気店なのでランチでも予約した方が良いかもしれません。

こう見るとホントカフェみたいなレストランです。

メニューです。

990円くらいの週替わりランチから2500円くらいのコースまでさまざまなメニューがあります。

ランチドリンクもプラスでつけられます。

キッズメニューもありました。

どのメニューも発酵食品が使用されています。

最近不規則な生活が続いて、腸の調子が悪いしたぷらにぴったりなレストランです。

この日は贅沢にのコースをチョイス。

なんと丁寧なお品書きもついてきました。

前菜の「本日の発酵前菜5種の盛り合わせ」
醤油麹筑前煮
ぬか漬けポテトサラダ
鶏のビネガーマリネ
イタリアの塩レモンを使ったスパニッシュオムレツ
ポルケッタの香味黒酢ソース

真ん中は乳酸菌のトマトのガスパチョです。

どれも丁寧な味付けで、ひとつひとつ噛み締めながら食べられます。

野菜や素材の素朴な佇まいも感じられます。

ガスパチョは炭酸が入っているのかな?軽く刺激がある面白いスープでした。

こちらの前菜の数々だけでも、いい感じにお酒が飲めそうです。

また、盛り付けの小皿も素敵です。

メインの肉料理は「千葉県産「恋する豚」肩ロース塩糀漬けポークジンジャー」

豚がめちゃくちゃ柔らかくて、塩麹が食欲をそそります。これひと切れでご飯2杯はいけます!

周りの鮮やかな野菜は、全てぬか漬けです。
ビーツやにんじん、紫大根です。

マッシュポテトと野菜とルッコラを絡めて食べるとまた美味しい!!

次は「旬の緑野菜とパルミジャーノの玄米リゾットと本枯節と真昆布のおすまし」

玄米リゾットも野菜の味がしっかりでていて美味い!

コースにはデザートとドリンクも付いています。

本日のデザートは「棒ほうじ茶のパンナコッタ」とドリンクは静岡県有機栽培の「棒ほうじ茶」です。

2500円のちょっとお高めのランチでしたが、満足度はめちゃくちゃ高い美味しいコースでした。

今度は家族を連れてディナーも行ってみたいです。

関連ランキング:カフェ | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)本所吾妻橋駅

*******************************

したぷらのプロフィールはこちら

ツイッター: @dtplanaria
Facebook: 下町プラナリアのweb web wave

Posted from するぷろ for iOS.