1匹づつ焼く「天然たいやき」?!がカリッとしてて美味しい「鳴門鯛焼本舗」



東京下町を中心にチェーン展開している「鳴門鯛焼本舗」

浅草橋店でもよく購入しますが、今回は
浅草新仲見世店を見つけたのでちょっと買ってみようかな

ここの鯛焼きは「天然たいやき」?!をウリにしています。

天然?とは「1匹づつ丁寧に焼く」手法のことだそうです。1丁づつ型に生地と餡を入れて、1丁2キロもある型を動かして焼くそうです。

この日は「十勝産あずき」と「鳴門金時いも」がありました。

5、6匹用のテイクアウトの容器がかわいい❤️

早速お買上げ。
その場で食べちゃいます。

生地は薄めでサクッとパリッとしています。餡は甘すぎることなく上品な甘さ。
噛むと生地の内側がモチッとしていて、めちゃくちゃ美味しいです。

家族は金時いもです。

こちらも甘すぎることなく、餡がぎっしり。皮のカリッと、モチッとした感じがいいです。

もういつもの鯛焼きに戻れないです。

お値段もリーズナブルだし、見た目もキュートだし、焼きたてを手土産に買っていくと喜ばれるんではないでしょうか?

天然たいやき!鳴門鯛焼本舗

Posted from するぷろ for iOS.